2011年8月1日月曜日

あらさき亭


おどろいた、というか完敗でした。魚でも食べにいこうと、この時期の週末に車で三浦に出かけるなどとは本来あり得ないけど、天気もよくないし涼しいしということで荒崎まででかける事にした。
漁港の前にあるからそこそこ新鮮な魚は期待していたけど夜はコースのみで4000円から。以外と高いな〜とおもいつつ車を走らせると家から30分くらいで到着。

オシャレな外観と内観はいがいだったけど和食でも椅子は楽でうれしい。最初にひじきの煮付け、次にどーんと荒崎カニ、目の前の海でとれるので塩っぽくなく美味しい。サザエのつぼ焼きも素人にはできない焼き具合。焼き物は天然鯛(20センチ)丸々!お造りは鯵、アオリイカ、ヒラメ。鯵が絶品!なんと鯵は包丁をつかわずにちぎっているではないか!これがいい!これからは鯵のちぎりと呼ぶ事にした(笑)。煮魚はいとよりと鬼オコゼ。いとよりなんて高級魚はめったに食べられないし、鬼オコゼなんて店ではまずでない魚だ。いとよりは上品な味付けで鬼カサゴはいとよりより少し濃いめの味付け。とはいっても素材が新鮮なので薄味で美味しい。デザートの寒天と黒密も最高。そうだ、特別に鰹のたたきもでたな!
野菜とかはなく、魚づくし、なのでこれでもかって感じで魚をたべたい人にはおすすめ!

写真は食べログより拝借m(__)m

0 件のコメント:

コメントを投稿