2010年5月2日日曜日

今年の潮干狩り


いってきました潮干狩り(笑)。丁度いい汐加減の日が今日だったのでとりあえず行く事にしましたよ。実は、いままで八景島や野島は天然の貝だと思ってました。というより、世間の報道、新聞やラジオやテレビでさんざん言っていたでしょう。自分も、その情報から「こんな場所で天然自製で潮干狩りができるのは奇跡に近いね〜」と関心してたんですね。でも違っていました。
やっぱり稚貝を放流していたんですね。地元の漁業関係の人は知っていましたが、それ以外の地元民はほとんど知らない事実です。当時の八景公園の事業として考えたと言う事なので、その事には問題はないけど、自然の物だと思わせる事には問題はあると思います。
潮干狩りに来る人のほとんどは天然の貝だと思って来るのです。それに対して公園側は資源を尊重して大きさや捕獲量の制限を強いる。でも、実際は稚貝を放流しているので天然ではないので
その事を認識させた上での制限を唱えるべきだと思うのです。それでも潮干狩りを楽しみたい人はルールを守って楽しめばいい。似非自然をね(笑)。でも、生活苦なので自分は穫るよ〜。

0 件のコメント:

コメントを投稿